スタバのバイトってどうよ?時給、応募、面接、研修のまとめ

13
7 月/09
0

starbucks00  先日、自宅の近くにスタバがオープンしたので早速行って来たのだが、オシャレな店舗で、オシャレそうなバイト仲間に囲まれて、時給も良さそうで、周りにも何となく自慢できそうなバイトだな、と思ったので実際はどうなのか調べてみた。
(筆者はいい年したサラリーマンなので、実際にバイトをするわけではありませんが)

 時給。高そうなイメージがあるが、決して高くはない。¥850(研修中¥830)~¥1050くらい。

 応募方法。公式HPの募集店舗検索ページで現在バイト募集中の店舗を検索出来る。とても便利。

 募集要項。高校生は募集してない所が大半。交通費は(常識的な距離であれば)全額支給レベル、バイト割引制度有、社員登用制度有、社会保険完備、週1回好きなコーヒー豆100g支給、エプロン貸与、年3回昇給制度有、休憩時お好きなドリンク飲める。こう見るとかなりの好待遇

 面接。接客業、飲食業なので不潔なものはNG。男性の場合は黒髪で長髪でなければ大丈夫だろう。女性の場合は明るすぎない髪色であれば大丈夫。
 面接でははきはき元気良く受け答えする事。スタバ、コーヒーが好きというアピールは必須らしい。沢山シフトを組まないと落とされるという事はないようなので、正直に入れる日数・時間を言おう。

 研修。2ヵ月間は研修期間となる。レジ打ちから始まり、レギュラーメニュー+季節メニューを1つずつ作れるように練習&実践の繰り返し。メニュー数も多く、かなり覚える事があり、とても大変。並行してコーヒー豆の産地や味の表現、抽出法や保存法などの基礎知識を習得する。これらを終えると『バリスタ』と呼ばれる称号を貰え、晴れて一人前となれる。
 これだけ書くとかなり難しそうだが、研修制度は整えられており、真面目にやれば挫折する事も無いとの事。具体的には、バイト1人1人に配られる冊子(通称:グリーンエプロンブック)や先輩・上司からのOJT(オン・ザ・ジョブトレーニング)、各地域本社に出向いての数回の講習。
 バリスタとして経験を積み、マネージメント講習を受けると『シフトスーパーアドバイザー』という、時間帯の店舗責任者としての店舗業務が任される。売り上げ管理の方法もしっかり学ぶので、その方面へ進む人にとっては良い経験となるようだ。
 さらに経験を積むと『ブラックエプロン』の称号を得る事が出来る。ただし、その道は容易ではなく、より深いコーヒーの知識を必要とされ、毎年各県2人しか与えられない。

 まとめ。スタバのバイトで悪い話は見られない。覚える事が多いが、慣れてくれば楽しくなり、どんどん作れるメニューが増えていくのがやりがいになっているようだ。客層も良く、態度が悪い客や面倒な客が少ないのも大きいだろう。大学生のバイトとしては周りへの評判含め、お勧め出来る職種だと思う。


 その他、バイトをお探しなら
  ■お祝い金が貰える求人サイト!『414510.biz』
  ■ホスト専用求人サイト ホストワーク
  ■日本最大級の新薬モニター情報サイト

 

関連する投稿

Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.

Leave a comment

No trackbacks yet.